ジーン・ヴァン・ルーウェンが安い~!

。こぶたの兄妹、それを取り巻く家族のお話です。自分たちの子供への接し方への参考にもなる本です♪この本は子供たちが大きくなっても取っておきたい本です!こぶたくんとその家族の時には不機嫌だったりする何気ない日常がとてもいいです。

イマが買い時♪

2017年04月03日 ランキング上位商品↑

ジーン・ヴァン・ルーウェンこぶたくん [ ジーン・ヴァン・ルーウェン ]

詳しくはこちら b y 楽 天

5歳になったばかりの娘(妹一人有り)は!お兄ちゃんがいる環境というのを連想して!兄妹で玩具を取り合いしたり!仲直りする場面などはとても楽しそうに読んでいました。雪が降ってきたお話!かくれんぼするお話。内容的にも読書レベル的にも!同年代の男の子・女の子にもお勧めしたい!とても良い本です。素敵なこぶたくんのお母さん!お父さん。文字が少し多く挿絵を見ながら、場面を想像して読むことができ、絵本卒業へ向けてとても良い本だと思います。見る中心の絵本から本格的に読書に移行する前の第一段階で与える本として、挿絵の量、文字の見易さや量のバランスがとてもよい本だと思います。主人公のこぶたくんがとても子供らしく可愛く、そうそう、子供ってこういうことするよね、とうなずける、ほんわかとした読後感のお話です。とくに雪のお話は!ママ目線でも「わかる!わかる!」という感じとこども達の様子がおもしろくて!笑って次が読めないほどです。短いお話が5つなので寝る前に少しだけ読むのにもいいです。楽しい絵本♪買ってよかったです。くすぐったい感じでて笑いながら楽しんでいます。こどもも親も自分にあてはまることがあるはず。また!こぶたくんのおかあさんが子供たちに振り回されて泣いてしまうところは!母親としてすごく共感できました。【しりたがりやのこぶたくん】を持っているのでコチラも購入しました。なんだか表現や発想が外国ぽくて、しっくりこなかったです。5つの話が入っています。5話収録されているのですが!どれもほのぼのとしたお話です。小2と4歳の娘!同時に読み聞かせをしていますが!それぞれの年に応じて深い読みができる秀逸な本だと思います。ちょっと古い本だったようで!在庫があってヨカッタです。まだ我が子は読めないので自分でルビを振りました。ほわっとふわっとした内容で、子供にはわかりずらいかも。子供も気に入っており、小ぶりで読み聞かせには素敵です。親も読んでいて気付かされることが多いです。懐かしい感じです。意外にも!娘もこの!こぶたくんのお母さんの人間臭い?箇所が気に入ったようで「おかあさん!ないちゃったね〜」など言っています。こぶたくシリーズを2冊購入し!二人の子供にクリスマスプレゼントにあげました。忙しい毎日ですが!子どもともっと向き合おう!と思わせてくれる本です。(汗)ほぼひらがなで!ルビなしで漢数字がいくつか出てきます。でも!そういう本も家にないよりはある方が素敵です☆読んでいてほっこりしました。病院の待合室で子どもが気に入ったようなので購入してみました。短編が5つくらい入っていますが!どのお話もこぶたくんがとても可愛らしいです。(笑)ああ!でも私は泣くより怒っちゃうかも!とちょっと反省したりして…。短編のが何話か載っていて、それぞれは読み聞かせにちょうど良い長さなのですが、1冊全部読んでとせがまれるとちょっとくたびれてしまいます^^;(でも内容は楽しいのですヨ) 今、子どもの中ではこの本が一番のお気に入りです。ほんわかした気持ちになる本ですが、最後の2話は、娘と私は大爆笑でした。